2年とか3年といった単位で車を借りることができるカーリースという方法がありますが、それは福祉車両にもあてはまります。

福祉車両を新車として購入することは資金的に大変ですが、リースであれば月々一定の額で借りることができますから、利用すると得です。

リースというのは、借りる前に与信審査といって貸しても大丈夫な相手かどうかの審査があります。


内容や基準は貸す会社やクレジット会社によって異なりますが、福祉車両の場合でも同じように審査があると思われます。

借りるのが法人の場合ですと経理面が問われますが、この車両を個人宅で借りる場合には、ある程度できちんとしていれば大丈夫と考えられます。


借り方としては、通常の方法のほかに、メンテナンスがセットになった契約方法があります。



この場合は車内をきれいにしたり、故障がないかをケアしたりしてもらえますし、もし車の調子が悪くて修理が必要になった時の代車代も含まれていることが多いです。


なお、一般の車両に比べて福祉車両の代車といってもすぐに同種のものがないと困りますので、それを考えてあらかじめ持っている車両数が多い会社を選んで借りるのも、よい方法です。


決まった期間が終了したらその車両は返却しなければいけません。

福祉車両のリースの情報を提供しているサイトです。

車の所有権はあくまでリース会社にあるからです。
その場合、また新しい車を新規に借りるか、もし同じ車を引き続き借りたいのであれば、再リースという方法もあります。

もし仮りに、契約期間の途中でもうやめたいと思っても、この制度は原則として途中で解約できないことになっています。

待望のNAVERまとめのことならこちらのサイトをご覧ください。

もしどうしても中途解約する場合は、解約金がかかりますので、その点は注意しておくことが必要です。